最近よく目にする特定保健用食品(トクホ)や機能性表示食品、どれを選ぶと効果があるの?気になるところですね。

ここ数年は、薬事法の規制もあって、「この商品はいったい何に効果あるのだろう?」全くわからないものもありました。健康食品は医薬品ではないので効果効能をうたってはいけないのですが、それにしても効果がわからなければ選びようがないというのが本音ではないでしょうか?

過大広告による被害も困りますが、サラサラとかスッキリなどまだ効果が想像できますが、なんだかわからない表示もありますので、選びようがないのもどうかと思います。

ざっくり解説します

消費者庁によると、機能性表示食品とは、
事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官に届け出られたもの。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではない。

・・・とあります。

消費者としてはサプリなどの健康食品を選ぶ際に参考になるので便利ですね。ただ、機能性表示食品でなくても良いものがありますので、購入者のレビューやロングラン商品は選択から外すことはないと思います。

特定健康用食品とは

からだの生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含む食品で、血圧、血中 のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、おなかの調子を整えたりするの に役立つ、などの特定の保健の用途に資する旨を表示するものをいいます。 特定保健用食品(条件付き特定保健用食品を含む。)

栄養機能食品とは

栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示する ものをいいます。
栄養機能食品の規格基準が定めら れている栄養成分以外の成分の機 能の表示や特定の保健の用途の表 示をしてはならないこと。消費者庁長官が個別に審査等をしてい るかのような表示をしない。「栄養機能食品(ビタミン C)」等、 栄養機能表示をする栄養成分の名称を 「栄養機能食品」の表示に続けて表示 すること。などの制約があります。

機能性表示食品とは

「機能性表示食品」は、事業者の責任で、科学的根拠を基に商品パッケージに  機能性を表示するものとして、消費者庁に届け出られた食品です。機能性を表示することができる食品は、これまで国が個別に許可した特定保健用食品 (トクホ)と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていました。 そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者の皆さんがそう した商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に、新しく「機能性表示食品」 制度がはじまりました。

機能性表示食品は27年4月より販売

中年になるとお腹のお肉が気になりますね。

「内臓脂肪を減らす!」という健康食品が目に付くようになってきたらメタボ予備軍かも?!幸い、今年になってから、内臓脂肪や皮下脂肪を減らす健康食品は増えています。

というのも、平成27年4月から新しく「機能性表示食品」 が設けられたからです。

機能性表示食品とは、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示して、消費者庁に届け出られた食品のことを言います。

中年の脂肪に特化したものが目につく

内臓脂肪は落としやすいといわれています。一方、皮下脂肪は落としにくく女性には皮下脂肪の方が多いといわれています。

内臓脂肪は、その名の通り内臓につく脂肪です。皮下脂肪はつまめますが、内臓脂肪はお腹の中なのでつまむことはできません。

皮下脂肪は女性に多く、内臓脂肪は男性につきやすいそうです。女性のからだが丸みがあり男性と比べれば脂肪によって女性らしさを出しているように、皮下脂肪は長期間にわたって付いたものなので落としにくいそうです。

一方、内臓脂肪は内臓周辺にあることで代謝が良く消費もされやすいそうですよ。

内臓脂肪はなぜ悪い?つくと怖い?

内臓脂肪がなぜ悪者なのでしょう?ついてしまった脂肪を抱えているのがなぜいけないのでしょう?
実は内臓脂肪が体に悪いものをだしているんだそうです!その名もアディポサイトカイン

アディポサイトカインには悪玉物質と善玉物質があるのですが、悪玉の方は、インスリンの働きを抑え糖尿病になりやすくしたり,血管を収縮させ血圧を上げたり,血栓を作りやすくして動脈硬化を促進させたりするんだそうです。

特定健診の数値が正常範囲を外れているという事は生活習慣病になる可能性が高くなるという事です。

たとえば動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞・・・自覚症状がないのにある日突然発症する可能性が高くなるのです。その指針として特定健診の数値は活用しなければいけません。

そして、心配な数値や体重、体脂肪はなるべく早く戻すようにしたいものですね。

機能性表示食品とトクホとサプリと医薬品

なにしろ、保健機能食品だけでも三つに分類されています。

  • 機能性表示食品
  • 栄養機能食品
  • 特定健康用食品
  • 商品の表示をみても自分に最適なものがどれなのか?本当にわかりづらいですね!

    いっそのこと、医薬品を選んだ方が効果も期待できそうだし良いのかも?と感じます。第2類医薬品は通販でも購入が可能ですし、効果があるのかないのかわかりづらいけれど気軽に購入して飲める健康食品であるサプリメントを選ぶ人も多いです。